Blog

ブログ導入文(リード文)の魅力的な書き方を5つのポイントで解説【見本付き】

ブログ導入文(リード文)の魅力的な書き方を5つのポイントで解説【見本付き】

 

ブログの導入文は重要と聞くけど何でだろう?

具体的な導入文の書き方も知りたいな。

 

このような悩みを解決します。

 

この記事を書いた人

NOJIのプロフィール

この記事を書いている僕はブログで独立。現在はブログ収益で生計を立てています。

Twitter:(@NOJI_BLOG)

 

読者が記事を読んでくれるかは『導入文』で決まると言っていいほど、ブログ記事の導入文は大事です。

 

本記事ではブログの導入文の書き方と、簡単に真似できる導入文の作り方を見本付きで紹介します。

 

ブログ導入文の書き方をマスターして、より多くの読者に読んでもらえる魅力的な記事作りをしましょう。

 

ブログの導入文(リード文)とは

 

最初にブログの導入文(リード文)について簡単に説明しますね。

 

ブログの導入文(リード文)は記事の冒頭部分

 

ブログの導入文は最初の見出しに入る前の冒頭部分の文章のことです。

 

ブログの導入文(リード文)は記事の冒頭部分

 

読者が一番最初に読む文章の部分ですね。

 

ちなみに、導入文のことをリード文と呼んだりもします。意味は一緒です。

 

ブログの導入文(リード文)は記事で最も重要

 

ブログ記事は導入文が1番大事だと言っても過言ではありません。

 

なぜなら、導入文が魅力的でないと即ユーザーに離脱されてしまうから。

 

どんなに良い本文を書いても読まれなきゃ意味ないですし、もし上位表示できても即離脱されてしまえば無意味ですよね。

 

逆に導入部分で『この記事いいかも。自分の悩みが解決できそう』と思わせることができれば、ほぼ勝ちです。

 

大げさに言うと、導入文さえ良ければ微妙な本文でも読んでもらえます。

そのぐらいブログ記事の導入部分は大事です。

 

ブログの導入文(リード文)の書き方

 

ブログの導入文は、下記のポイントを抑えて書いてみましょう。

 

ブログ導入文の書き方【ポイント5つ】

  1. 読者の悩みを明確化する
  2. 解決を主張する
  3. 記事の信頼性(根拠)を示す
  4. 記事の要約を書く
  5. 記事を読んで得られるメリットを示す

 

順番に説明していきます。

 

ポイント①:読者の悩みを明確化する

 

まず1番最初に読者の悩みを明確化させます。

 

本記事でいうと以下の部分ですね。

 

読者の悩みを明確化

 

最初に悩みの共感を持たせて、読者の心を掴みます。

 

上の画像では吹き出しを使っていますが、文章で悩みを書いてあげても全然問題なしです。

 

『この記事は自分にピッタリの記事だ!』と思ってもらえるように意識してみてください。

 

ちなみに、読者の悩みを明確化するには『キーワード選定』が必須です。

キーワード選定のやり方が分からないという方は『ブログキーワード選定のやり方5ステップとコツ3つを解説!【実績あり】』で解説しているので、参考にしてください。

 

ポイント②:解決を主張する

 

読者の悩みを明確化したら、次は解決の主張をします。

 

本記事でいうと以下の部分ですね。

 

解決を主張する

 

解決の文言を入れることで、読者に安心感を与えることができます。

 

たったの一言でも『この記事を読めば〇〇の疑問が解決できるんだ』と思わせることができるので、解決の主張は入れるといいですよ!

 

ポイント③:記事の信頼性(根拠)を示す

 

次に、記事の信頼性(根拠)を示します。

 

本記事でいうと以下の部分。

 

記事の信頼性(根拠)を示す

 

記事の信頼性が担保されていないと、説得力に欠けます。

 

自分が記事を読むときも、信頼性が担保されてないと『この記事に書いてあることって本当かな?』と思いますよね。

 

記事の信頼性を高めるために、自分の実績になる情報を書きましょう。

 

④:記事の要約を書く

 

続いて、記事の要約を書きます。

 

本記事でいうと以下の部分。

 

記事の要約を書く

 

要約を書くことで、記事の全体像を伝えることができます。

 

要約は目次で代用してもOKです。

 

1つ注意なのが、あくまでも要約なので、ダラダラと長く記事内容を書くのはやめましょう。

 

また、記事の要約が検索意図と外れた内容を書くと離脱の元ですので注意してくださいね。

 

⑤:記事を読んで得られるメリットを示す

 

最後に、記事を読むことで得られるメリットを示します。

 

本記事でいうと以下の部分です。

 

記事を読んで得られるメリットを示す

 

ポイントは単純にメリットを書くだけでなく、読者の未来像を示すのがポイントです。

 

たとえば、この記事ならブログ導入文の書き方が学べるメリットがありますが、最終的なメリットは『魅力的な導入文を書いて、より多くの人に読んでもらえるようになる』ですよね。

 

読者の未来像を示すと、より読んでみたい欲を刺激できるのでポイントとして抑えておきましょう。

 

ブログ導入文(リード文)の作り方【見本付き】

 

導入文の作り方を、先ほど紹介した下記の型で2つ紹介したいと思います。

 

  1. 読者の悩みを明確化する
  2. 解決を主張する
  3. 記事の信頼性(根拠)を示す
  4. 記事の要約を書く
  5. 記事を読んで得られるメリットを示す

 

ブログ導入文の作り方:見本①

 

狙うキーワード:[朝 起きれない]

  1. 朝起きれる方法が知りたい
  2. こんな悩みを解決します
  3. 毎朝4時に起きてる僕が解説
  4. 朝起きられるようになる方法と起きれない原因を解説
  5. 朝起きれるようになり、充実した1日が過ごせるようになる

 

導入文の見本

①【読者の悩みを明確化】

朝起きれなくて困っています。朝でもスッキリ起きれる方法が知りたいな。

②【解決を主張する】

こんな悩みを解決します。

③【記事の信頼性(根拠)を示す】

この記事を書く僕は早起きが大の苦手でしたが、この記事で紹介している方法を実践することで、毎朝5時に起きれるようになりました。

④【記事の要約を書く】

そんな早起きが得意になった僕が、朝起きれるようになる方法と、朝起きられない原因を解説します。

⑤【記事を読んで得られるメリットを書く】

この記事で紹介する方法を実践すれば、毎朝しっかり起きれるようになり、充実した毎日を送れるようになりますよ。

 

ブログ導入文の作り方:見本②

 

狙うキーワード:[勉強 集中できない]

  1. 集中力が続かず、勉強が捗らない
  2. この記事で紹介する方法を実践すると解決できる
  3. 8時間ぶっ通しでも集中力が切れない僕が解説
  4. 勉強に集中できる方法と集中力をかき乱す原因を解説
  5. 勉強に集中できるようになり、成績UPが望める

 

導入文の見本

①【読者の悩みを明確化】

集中力が続かなくて、勉強が捗らないのが悩み...という人もいますよね。

②【解決を主張する】

そんな方は、この記事で紹介している方法を実践するだけで、簡単に集中力がUPしますよ。

③【記事の信頼性(根拠)を示す】

実際に僕も勉強に集中できない人でしたが、この記事で紹介している方法を実践することで、今では8時間ぶっ通しでも集中力が切れません。

④【記事の要約を書く】

記事前半では『勉強に集中できる方法』、記事後半では『集中力をかき乱す原因』を解説します。

⑤【記事を読んで得られるメリットを書く】

この記事に書いてある方法を実践すれば、勉強に集中することができて、成績UPが望めます!

 

ブログの導入文(リード文)のコツ3つ

 

最後にブログ導入文のコツを3つ紹介したいと思います。

 

ブログの導入文のコツ3つ

  1. 読者像は特定の一人に絞る
  2. 共感を生む書き方をする
  3. 導入文(リード文)は簡潔に書く

 

順番に見ていきます。

 

コツ①:読者像は特定の一人に絞る

 

読者像(ペルソナ)は特定の一人に絞りましょう。

 

なぜなら、不特定多数に向けて記事を書いても、読者に響く記事が書けないから。

 

不特定多数に向けて記事を書くよりも、特定の一人に書く方が具体的な記事が書けますからね。

 

また、自分が経験したことを書くときは『過去の自分』に向けて書くと、読者の悩みに寄り添った記事が書けておすすめです。

 

自分の経験外のことを書く場合は、Yahoo!知恵袋などを使って読者の悩みを明確化しましょう。

 

コツ②:読者の共感を意識する

 

導入文では、読者の共感を生むことを意識しましょう。

 

『この記事は自分にピッタリの記事だ!』と共感してもらうことで、より記事を読んでもらえるようになります。

 

たとえば、この記事でいうと以下の部分で読者の悩みを明確化して、共感を呼ぼうとしています。

 

読者の共感を意識する

 

ブログ導入文の重要性や書き方が知りたい人は、『この記事なら自分が求めているブログの導入文について理解できるかも』と思いますよね。

 

ブログ導入文では『読者の共感』を意識して書きましょう。

 

コツ③:導入文(リード文)は簡潔に書く

 

ブログ導入文は簡潔に書きましょう。

 

なぜなら、導入文が長いと読者が飽きてしまい、離脱してしまう可能性があるから。

 

あくまでも導入文は本文に繋ぐ『誘導』の役割なので、導入文が長いと記事を読む意欲がなくなります。

 

導入文の目安は大体300〜400字以内が最適と言われてるので、1つの目安として参考にしてみてください。

 

魅力的なブログ導入文(リード文)を書こう:まとめ

 

以上、ブログ導入文の書き方でした。

 

ブログ導入文の書き方【ポイント5つ】

  1. 読者の悩みを明確化する
  2. 解決を主張する
  3. 記事の信頼性(根拠)を示す
  4. 記事の要約を書く
  5. 記事を読んで得られるメリットを示す

 

記事を読んでもらえるかは導入文で決まると言ってもいいぐらい、ブログの導入文は大事です。

 

一見難しく思うかもしれませんが、本記事で紹介したようにテンプレの型を作ってあげれば、あとは型にはめて導入文を作るだけです。

 

魅力的なブログ導入文を書いて、より多くの人に記事を読んでもらいましょうね。

 

また、ブログ導入文は『キーワード選定』ができることが前提です。

 

ブログ導入文は理解できたけど、キーワード選定の知識が微妙という方は『ブログキーワード選定のやり方5ステップとコツ3つを解説!【実績あり】』を参考にしてキーワード選定を身につけてください。

 

今回は以上です。

 

人気記事【完全版】ブログで月5万稼ぐロードマップ【30記事で解説】

人気記事【2020年版】WordPressのおすすめテーマ8選【月90万稼ぐブロガーが厳選】

 

-Blog
-

Copyright © NOJI BLOG , All Rights Reserved.