Blog

【目安付き】アドセンス・アマゾンは稼げない?手っ取り早く稼ぐならASPを利用すべき理由

2019年8月14日

アドセンス・物販は稼げない?手っ取り早く稼ぐならASPを利用すべき理由

 

こんにちは、NOJIです。

 

今回は手っ取り早く稼ぐなら、「ASP」を利用すべき理由を解説していきたいと思います。

 

僕自身、下記の記事でも紹介していますがブログ1ヶ月目で3万5,000円の収益を達成できたのは紛れもなくASPのおかげです。

 

【ブログ運営報告】1ヶ月目で40,000PV、収益35,000円達成しました
【ブログ運営報告】1ヶ月目で40,000PV、収益35,000円達成しました

続きを見る

 

ブログを始めて数ヶ月の人のブログを見ると、アドセンスやAmazon等のリンクは貼ってるけど、ASP案件を貼ってる人って結構少なかったりします。

 

これASP案件使えるのに勿体ないなー」って人がたくさんいるんですね。これは本当に勿体ない。

 

正直アドセンスやアマゾンアフィリエイトよりもASPの方が圧倒的に稼ぎやすいため、初心者ブロガーこそASPを利用すべきなんです。

 

ということで、この記事ではアドセンス・Amazonアフィリエイトが稼ぎにくい理由、ASPが稼ぎやすい理由を解説していきます。

 

この記事で分かること

  • アドセンス・アマゾンアフィリエイトが稼ぎにくい理由
  • アドセンス・アマゾンアフィリエイトの稼げる目安
  • ASPが稼ぎやすい理由
  • おすすめのASP

 

アドセンス・Amazonアフィリエイトは稼ぎにくい

 

はっきり言ってアドセンスやアマゾンアフィリエイトは上級者向きです。

 

そもそもPV数が多くないとほぼ稼げません。

 

アドセンスが稼ぎにくい理由

 

アドセンスは広告をクリックしてもらうことで収益が発生する「クリック型課金広告」です。

 

広告をクリックしてもらえるだけでお金がもらえますが、はっきり言って下記の理由からあまり稼げません。

 

  • クリック率が低い
  • クリック単価が低い

 

上記の通りです。

 

記事中等に出てくる広告ってほとんどの人が素通りしますよね?

 

クリックするとしても誤クリックがほとんどだと思います。

 

さらにはクリック単価も10円〜100円とかなので全然稼げません。

 

アドセンスで稼げる目安

 

では、具体的にどのぐらいアドセンスで稼げるのか見てみましょう。

 

アドセンスで稼げる目安

  • 1万PV:〜1,000円
  • 5万PV:3,000〜10,000円
  • 10万PV:10,000〜50,000円
  • 20万PV:50,000〜100,000円
  • 30万PV:100,000〜150,000円
  • 40万PV:150,000〜200,000円
  • 50万PV:200,000〜250,000円
  • 100万PV:500,000〜750,000円
  • 150万PV:750,000〜1,250,000円
  • 200万PV:1,000,000〜2,500,000円
  • 250万PV:2,000,000〜3,000,000円

引用:ブログの閲覧回数と報酬の関係。「収益早見表」を作ったよ。

 

上記の目安は実際にアドセンスでも稼いでいらっしゃる「イケダハヤト」さんから引用させてもらいました。

 

広告の配置位置や種類でも変わってきますが、大体目安としてはこんな感じです。

 

実際に僕も先月4万PVで約4,500円でしたので、信憑性は高いです。

 

これを見ると月3万円をアドセンスで稼ぐには約15万PVも必要なります。

 

初心者にはほぼ無理な数字ですよね。15万PVなんてブロガーの中でも一握りだと思います。

 

Amazonアフィリエイトが稼ぎにくい理由

 

Amazonアフィリエイトは単純に紹介した商品が売れれば報酬が発生する「成果報酬型広告」です。

 

よく見るこんな感じのやつ。

 

 

こちらも下記の理由から稼ぎにくいです。

 

  • 紹介率が低い
  • 1件の報酬に1,000円の上限がある

 

まず紹介率がかなり低いです。

 

 

上記がAmazonアソシエイトの紹介比率表です。

 

商品カテゴリによってバラバラですが、最大でも10%の紹介比率となっています。

 

10%なら1万円の商品で1,000円稼げると思われるかと思いますが、Amazonの商品で紹介するのは大体が2%〜5%の商品です。

 

2%〜5%となれば、全然稼げないのが目に見えますよね。

 

さらには1件の報酬に1,000円という上限があるため、高額の商品が売れても報酬は低いです。

 

Amazonアソシエイトで稼げる目安

 

Amazonアソシエイトで10万円を稼ぐのに必要な販売数をまとめてみました。

 

紹介する商品1個あたりの報酬10万円稼ぐために必要な販売数
1000円の書籍30円3334冊
3000円の家電60円1667個
2万円のアウトドア用品400円250個
5000円のシューズ400円250個

 

上記の通り、Amazonアソシエイトで10万円を稼ぐとなると、かなりの販売数が必要になります。

 

これを見ると初心者ブロガーがAmazonアソシエイトで稼ぐのは中々難しいのが分かりますよね。

 

ASPが収益化しやすい(稼ぎやすい)理由

 

アドセンス・Amazonアフィリエイトよりも圧倒的にASPの方が稼ぎやすいです。

 

理由は下記の通り。

 

  • 報酬単価が高い
  • PVが少なくても売れる
  • 上限がない(特別単価を貰えることも)

 

一つ一つ解説します。

 

ASPはPVが少なくても売れる

 

ASP案件はPVが少なくても発生しやすいのが魅力です。

 

単純に他のサイトよりも質のいい記事なら1日10PVでも売れたりします。

 

また購買意欲の高いニッチキーワードを攻めれば少ないPVでも発生するので、初めたてのブロガーでもチャンスはいくらでもあります。

 

ASPは案件単価が高い

 

またASP案件は単価が高いです。

 

ジャンルによって異なりますが、1件3,000円〜5,000円、中には10,000円以上の高単価案件もあります。

 

案件数も莫大にあるので、自分のサイト属性に沿った案件を選べることができるのもポイント。

 

単価が低い案件は成約条件が低いので、そこを狙うのもアリです。

 

例えばHuluなどのVOD案件は無料会員登録で1,000円の報酬が発生します。

 

アドセンスやAmazonアフィリエイトで1,000円稼ぐより、ASPで1,000円稼ぐ方が圧倒的に難易度が低いですよね。

 

報酬額に上限がない(特別単価を貰える可能性も)

 

Amazonアフィリエイトには1件1,000円の上限がありましたが、ASP案件はいくら発生しても上限がないです。

 

売れただけ報酬が発生するということですね。

 

しかも一つの案件がコンスタントに売れ続けると、「特別単価」といって通常の単価よりも高単価な報酬を得られることもあります。

 

特別単価は上級者向けですが、ASPは大きく稼げる可能性もあります。

 

おすすめASPは6つ!複数登録すると収益を上げやすいです

 

ASPが稼ぎやすいってのはわかったけど、どのASPに登録すればいいかわからない人は以下に登録しておけばOKです。

 

登録必須のおすすめASP

 

主要ASPはなるべく下記の理由から複数登録しておくことをおすすめします。

 

  • 取り扱い案件が違う
  • 報酬単価が違う
  • 成果発生条件が違う

 

それぞれのASPで案件や報酬額が違ってくるため、収益を上げたいならなるべく主要ASPは全部登録しきましょう。

 

詳しくは下記でも解説していますので、参考にしてください。

 

【保存版】おすすめのアフィリエイトASPを紹介!【初心者必見です】
【保存版】おすすめのアフィリエイトASPを紹介!【初心者必見です】

続きを見る

 

まとめ:初心者や伸び悩んでいる人ほどASPを活用しよう

アドセンス・物販は稼げない?手っ取り早く稼ぐならASPを利用すべき理由

 

以上、アドセンス・Amazonアフィリエイトが稼ぎにくい理由とASPが稼ぎやすい理由でした。

 

正直、僕もですがブログやアフィリエイトをやっている人のほとんどの方が「お金」のためですよね。

 

せっかくお金のために頑張ってるのに収益化できていないのは非常に勿体ないです。

 

手っ取り早く稼ぐためにも、稼ぎやすいASPを積極的に利用していきましょう。

 

登録必須のおすすめASP

 

【保存版】おすすめのアフィリエイトASPを紹介!【初心者必見です】
【保存版】おすすめのアフィリエイトASPを紹介!【初心者必見です】

続きを見る

 

-Blog
-

Copyright© NOJI BLOG , 2019 All Rights Reserved.