Blog

Googleアプリ『Squoosh』は最強の画像圧縮ツール【使い方・特徴】

2020年2月11日

Googleアプリ『Squoosh』は最強の画像圧縮ツール【使い方・特徴】

 

こんにちは、NOJIです。

 

今回はGoogleの画像圧縮アプリ『Squoosh』について紹介したいと思います。

 

これまでたくさんの画像圧縮画像アプリを使ってきましたが、その中でも圧倒的に使いやすく便利な神アプリでした。

 

画像圧縮はサイトスピードの向上に不可欠な要素ですので、ぜひ参考にしてみください。

 

本記事の内容

  • Squooshとは
  • Squooshの使い方
  • Squooshのデメリット

 

ブログの画像圧縮方法は『ブログの画像圧縮方法を画像付きで解説!【軽量化ツールでサイト高速化】』でも解説していますので、参考にしてください。

 

関連記事
ブログの画像圧縮方法を画像付きで解説!【軽量化ツールでサイト高速化】
ブログの画像圧縮方法を画像付きで解説!【軽量化ツールでサイト高速化】

続きを見る

 

Squooshとは

 

Squoosh』はGoogleが公開している画像圧縮アプリ。

2018年に公開しているので比較的最近リリースされたアプリですね。

 

アプリといっても、わざわざアプリをダウンロードする必要はなく、Webページ上で画像圧縮が可能です。

 

簡単に『Squoosh』で出来ることを説明していきますね。

 

Squooshで出来ること

  1. 簡単ドラッグ&ドロップ操作
  2. 画像圧縮のプレビューが見れる
  3. 多様なフォーマット形式に変換できる
  4. リサイズが可能

 

順番に見ていきます。

 

①:簡単ドラッグ&ドロップ操作

 

『Squoosh』はドラッグ&ドロップ操作で簡単に画像の操作が可能です。

 

Squooshドラッグ&ドロップ操作

 

TinyPNG」のように、他の画像圧縮ツールでもドラッグ&ドロップ操作できたりしますが、操作が簡単のは魅力ですね。

 

②:画像圧縮のプレビューが見れる

 

『Squoosh』は画像の圧縮率を設定しながら、圧縮のビフォーアフターを見ることができます。

 

Squoosh画像圧縮率

 

普通の画像圧縮ツールでは圧縮率の設定や圧縮画像のプレビュー確認はできません。

 

『Squoosh』は圧縮率を調整しながら、圧縮のビフォーアフターをリアルタイムで見ることができるので、画質を過剰に荒くしてしまう『圧縮のしすぎ』を防ぐことができます。

 

③:多様なフォーマット形式に変換できる

 

『Squoosh』は多様な画像フォーマット形式に対応しています。

 

Squoosh対応フォーマット

  • JPG
  • PNG
  • BMP
  • GIF
  • TIFF
  • JPEG2000
  • PDF
  • OptiPNG
  • MozJPEG
  • Webp

 

Webサイトに使う画像はデフォルト設定の『MozJPEG』で充分です。もしくは『JPEG』、『PNG』でもOK。

 

ちなみに圧縮率は、MozJPEG>JPEG>PNGの順で高くなります。

 

④:リサイズが可能

 

『Squoosh』は画像の大きさを自由に変更可能です。

 

Squooshリサイズ

 

Webサイトに使う画像はサイズ調節が必要なケースもあるため、こちらも便利な機能ですね。

 

ちなみにGoogle Chromeに表示される『おすすめ記事』、いわゆるGoogle砲に被弾するには下記のような条件もあります。

 

高画質でサイズの大きい画像(幅が 1,200 ピクセル以上)を使用します。

引用:Google Discover

 

圧縮しつつ画像のリサイズもできるので、他のリサイズツールを使う必要がなくなり時間削減にもなりますね。

 

Squooshのデメリット

 

『Squoosh』にもデメリットがあります。

 

それは、複数の画像を一括で画像圧縮できないことです。

 

『Squoosh』では画像圧縮する際、1枚1枚圧縮していく必要があります。

 

とはいえ、個人的には圧縮のプレビューや多様なフォーマットの対応、リサイズ機能を考慮すると許容範囲なデメリットにも感じます。

 

一括圧縮したい人は「TinyPNG」のような、一括で圧縮できるツールを使いましょう。

 

Squooshの使い方

 

続いて、『Squoosh』の使い方を見ていきましょう。

 

NOJI
とても簡単です!

 

step
1
Squooshにアクセスする

 

まずSquooshにアクセスします。

>>Squoosh公式サイト

 

step
2
圧縮する画像をドラッグ&ドロップ

 

『select an image』をクリックし、圧縮したい画像をドラッグ&ドロップします。

 

Squooshの使い方_1

 

なお、画像素材については下記の記事にて、おすすめの画像素材サイトを紹介していますので参考にどうぞ。

 

有料画像サイト

ブログに有料画像を使うべき3つの理由!おすすめサイトも紹介!
ブログに有料画像を使うべき3つの理由!おすすめサイトも紹介!

続きを見る

フリー素材サイト

ブログ 画像 フリー
ブログ画像に使えるフリー素材サイト7選!【おしゃれなアイキャッチ画像にしよう】

続きを見る

 

step
3
画像の調整をする

 

Squooshの使い方_2

 

  1. 画像のリサイズをお好みで設定します。
  2. 画像のフォーマットを選択します。
  3. 画像の圧縮率をプレビューを見ながら調整します。

 

step
3
画像をダウンロードする

 

最後に画面右下のダウンロードボタンを押し、画像のダウンロードをすれば完了です。

 

Squooshの使い方_3

 

Googleアプリ『Squoosh』は最強の画像圧縮ツール【使い方】:まとめ

 

以上、Squooshの特徴や使い方でした。

 

Squoosh以外にも画像圧縮ツールはありますが、圧縮のプレビューやリサイズ、フォーマット変換までの機能まで揃うツールは中々ありません。

 

画像圧縮はWebサイト運営において、スピードの高速化の面で非常に重要です。

 

速度が遅いサイトはSEOやユーザー的にもNGですので、ぜひ画像圧縮して高速化してきましょう。

 

なお、おすすめの画像素材サイトは下記記事で紹介していますので参考にしてください!

 

有料画像サイト

ブログに有料画像を使うべき3つの理由!おすすめサイトも紹介!
ブログに有料画像を使うべき3つの理由!おすすめサイトも紹介!

続きを見る

フリー素材サイト

ブログ 画像 フリー
ブログ画像に使えるフリー素材サイト7選!【おしゃれなアイキャッチ画像にしよう】

続きを見る

 

今回は以上です。

 

人気記事【2020年版】WordPressのおすすめテーマ7選【月40万稼ぐブロガーが厳選】

人気記事【2020年】レンタルサーバーおすすめ4選!ワードプレス(ブログ)向け徹底比較【初心者必見です】

 

-Blog
-

Copyright© NOJI BLOG , 2020 All Rights Reserved.