仕事・転職

【体験談】文系SEがついていけない時の対処方法【未経験SEは辛い】

2019年12月16日

【体験談】文系SEがついていけない時の対処方法【未経験SEは辛い】

 

文系でSEになりましたが、ついていけなくて辛いです。

実際に文系SEになった人目線で、文系SEがついていけない時に取るべき行動を知りたいな。

 

このような悩みに答えます。

 

これから文系でSEなる人、文系出身でSEになった人は「SEの仕事」について悩んだことがある人も多いのではないでしょうか?

 

僕自身、経済学部のド文系でSEになりましたが、就職前も実際に働きだしてからも悩むことが多かったです。

 

本記事では実際に文系未経験でSEに就職した僕が、SEについていけなくなる理由や、対処法を紹介しています。

 

NOJI

実際に文系SEが体験したことを元に話していきます。

少しでも文系SEの悩みが無くなってくれたら嬉しいです!

 

文系SEがついていけないと感じる理由

 

そもそも文系SEがついていけないと感じる理由を明確にしましょう。

 

ほとんどの方が下記3つに該当するはず。

 

文系SEがついていけないと感じる理由

  1. 覚えることが多すぎる
  2. 理系と文系の差がありすぎる
  3. SEという仕事自体が辛い

 

1つずつ見ていきましょう。

 

①:覚えることが多すぎる

 

まず1つ目が覚えることが多すぎ問題。

 

会社に入社すれば、どんな業界でも覚えることは沢山あります。

 

ですが、SEは日々新しいIT技術について勉強しなくてはいけませんし、文系は馴染みのないIT知識やプログラミングを覚える必要があるので、本当に大変です。

 

僕も入社1年目にSE最初の難関「基本情報技術者試験」資格に合格したものの、その程度の知識量だけでは全く通用しませんでした。

 

特に入社直後は、会議の内容が日本語じゃないような言語に聞こえてくるほど、理解できません。笑

 

②:理系と文系の差がありすぎる

 

SEは入社して数年間は、文系と理系との差が激しいです。

 

情報系出身の人は、学生時代に2〜4年間勉強してきていますが、文系は情報系の勉強をしてきてないので、知識量はほぼ0からスタートです。

 

言うまでもなく、入社直後から文系と理系ではかなりの差があるので、知識量に差があり、劣等感さえ感じます。

 

よく「文系はコミュニケーション能力があるから」なんて言われますが、そんなの理系でもありますし、仕事を始めたら誰でも嫌でも身につくものです。

 

理系と文系では元々のスタート地点が違うので、仕事をしていくうちにどんどん突き放されていくのが辛いですね。

 

文系でも鬼のように勉強すれば追いつけるかもですが、同時に理系の人も成長しますので、中々差を埋めるのは難しいのが現実です。

 

③;SEという仕事自体が辛い

 

これは文系に限った話ではないですが、SEという仕事自体が辛いのも理由の1つ。

 

IT業界は仕事柄、下記のような特徴があります。

 

IT業界の特徴

  • 長時間残業
  • プロジェクト炎上で休みなし
  • 休日出勤

 

SEはプロジェクトの炎上やらエラーが起きたりで連日終電帰り、急なバグで休日出勤など平気で起こる職種です。

 

もちろんホワイト企業もありますが、SEは業界自体がブラックのような感じですね。

 

僕も割と大手のSEでしたが、お客さんのシステムでエラーが起きたら対応するしかないので、急な長時間残業や休日出勤は当たり前の様に起きてました。

 

やはり文系未経験で入社できるのは裏があって、SEはかなりの人手不足ですし、結構キツイ仕事です。

 

文系SEがついていけない時に取るべき行動

 

文系SEがついていけない時に取るべき行動は下記の通り。

 

SEがついていけない時に取るべき行動

  1. 勉強しながら続ける
  2. 異動する
  3. 転職する

 

1つずつ見ていきましょう。

 

①:勉強しながら続ける

 

SEという仕事が嫌いではなく、単純に知識不足でついていけない人は、勉強して続けましょう。

 

単純にSEの仕事が好きなのに仕事を変えるのは勿体無いです。ですが、SEを続けたいならその分努力するしかありません。

 

人は1年間本気で勉強すれば、ある程度身につきます。

 

  • 出勤前
  • 昼休み
  • 勤務後
  • 通勤時間

 

上記の時間をフル活用すれば、時間がない会社員でも勉強できます。

 

ちなみに僕はSE時代は転職する気満々だったので、上記の時間で他業界の勉強や副業に費やしていました。笑

 

SEのまま会社を変えたいなら転職しよう

 

もし、SEはやめたくないけど勤務時間や教育環境が悪いなら、会社を変えるのもアリです。

 

やはりSEの勉強をやるにしても、母体である「会社の環境」は超大事ですからね。

 

同じIT企業でも教育に力を入れてる企業や、自己啓発を進んで応援してくれる会社も沢山あります。

 

幸いなことに、今の時代IT業界に特化した転職エージェントや転職サイトもあるので、働きながら効率的に転職も可能です

 

同じIT業界に転職したい方は、下記の記事でIT業界に強い転職サイトをまとめていますので、参考にしてください。

 

関連記事
IT業界・エンジニアに強いおすすめ転職エージェント・転職サイト4選【未経験OK】
IT業界・エンジニアに強い転職エージェント・転職サイトおすすめ4選【未経験OK】

続きを見る

 

②:異動する

 

SEは嫌だけど、会社は変えたくない人は同じ会社内で職種を変えるのも1つの手です。

 

僕も実際に退職する際、SE以外の職種に転職すると伝えたら、会社内の営業や人事に移らないか打診されました。

 

今勤めてる会社がそこまで嫌でないなら、他の職種に異動したいと相談してみるのもいいかもしれません。

 

③:転職する

 

最後は転職するケース。

 

  • このまま続けてもSEでやっていける自信がない
  • SEの仕事自体が嫌いになった
  • 他にやりたい仕事がある

 

上記のような場合は、転職しましょう。

 

僕もSEの仕事自体が嫌いになってしまって、今はWebの仕事をしてますが、幸福度が全く異なります。

 

嫌な気持ちで仕事を続けても、消耗するだけです。

 

転職は仕事をしながらでも出来る「転職エージェント」を利用すると効率よく転職が出来ます。

 

完全無料ですし、まだ次の仕事を決めていなくても、自分のスキルや適性から自分に合った仕事を見つける事ができますよ!

 

IT・WEB業界の転職はコチラ

IT業界・エンジニアに強いおすすめ転職エージェント・転職サイト4選【未経験OK】
IT業界・エンジニアに強い転職エージェント・転職サイトおすすめ4選【未経験OK】

続きを見る

第二新卒の転職はコチラ

第二新卒に強い転職エージェント・転職サイトおすすめ4選【サポート万全です】
第二新卒に強い転職エージェント・転職サイトおすすめ4選【サポート万全です】

続きを見る

 

【注意】体に異変が起きてる人は即SEから離れるべき

 

注意なのが、少しでも体の異変を感じたらSEの仕事を休みましょう。

 

実際に僕もSEの仕事を肉体的・精神的に消耗しながら、仕事を続けたことで、うつ気味になりました。

 

体重が10キロ減ったり、無気力状態の期間が続いてしまい、次の仕事にも影響してシンドかったです。

 

僕のようにならないためにも、下記のような体の異変を感じたら休職や転職を検討しましょう。

 

  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 息苦しい
  • 動悸がする

 

NOJI
SEの仕事は体を壊しやすいです。少しでも異変を感じたらしっかり休みましょう。

 

文系SEでついていけなくて辛い時の対処法【行動するべき】

 

SEがついていけない時に取るべき行動

  1. 勉強しながら続ける
  2. 異動する
  3. 転職する

 

以上、文系SEがついていけない理由と、ついていけない人が取るべき行動でした。

 

僕もそうでしたが、「SEの仕事についていけなくて辛い」と感じているのに次の行動を取らずに思考停止していると、ずっと現状打破できません。

 

思考停止していると永遠に消耗するだけですので、転職する or 続けるにしても、即行動しましょう。

 

おそらくこのページを読んだ人で、行動する人はごく僅かだと思いますが、行動すると少なくとも後悔はしませんよ!

 

関連記事IT業界・エンジニアに強い転職エージェント・転職サイトおすすめ4選【未経験OK】

関連記事第二新卒に強い転職エージェント・転職サイトおすすめ4選【サポート万全です】

 

NOJI
第二新卒の方は「売り手市場」で転職しやすい状況です。転職するなら早めに行動すると成功しますよ!

 

-仕事・転職
-,

Copyright © NOJI BLOG , All Rights Reserved.