仕事

転職エージェントで見捨てられる7つの理由と対策方法【無視されない行動をすべき】

転職エージェントで見捨てられる7つの理由と対策方法【無視されない行動をすべき】

 

転職エージェントに見捨てられたかもしれません。

今後見捨てられないためにも見捨てられる理由や対策を知りたいです。

 

このような悩みに答えます。

 

転職エージェントを利用していると、「見捨てられた」、「相手にされない」といったことを経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

 

事実、転職エージェントは「扱いやすい人材」を優先して対応します。

 

本記事では実際に複数の転職エージェントを利用してきた僕がどんな人物が扱いづらく、見捨てられる可能性があるかを解説します。

 

NOJI
実際にエージェントから聞いた話や僕の体験談、知人から聞いた話をもとに解説していきます!

 

転職エージェントに相手にされない・見捨てられる理由

 

転職エージェントに相手にされない&見捨てられる理由は下記の通り。

 

転職エージェントに見捨てられる理由

  1. 連絡が遅い
  2. ばっくれ癖がある
  3. 志望先が曖昧
  4. 希望年収が高い
  5. 離職期間(空白期間)が長い
  6. 履歴書や職務経歴書の記載が不十分
  7. 担当者が原因の場合もあり

 

簡単にいえば、転職エージェントから見て扱いづらい人材は優先順位が落ちます。

 

1つ1つ見ていきましょう。

 

①:連絡が遅い

 

1つ目が連絡が遅いケース。

 

エージェントは何人もの顧客を抱えているため多忙です。

 

にも関わらず、連絡が遅かったり書類の提出期限を守れない人がいたら、見捨てられる可能性が高くなるのは当たり前です。

 

まあエージェントも時間も守れないような人を企業に紹介したくないですよね。

 

②:ばっくれ癖がある

 

これは論外ですが、ばっくれる人は即見捨てらます。

 

具体的にはエージェントの面談や企業との面接をばっくれるケースですね。

 

せっかく相手が時間を作ってくれてるにも関わらず、ばっくれたら相手の時間を無駄にすることになります。

 

実際に知人もエージェントの面談をばっくれたら一切連絡が来なくなったこともあるそうです。まあ当然ですよね。

 

緊急な理由があるにしても、必ず事前に一言連絡を入れましょう。後にも必ず謝罪の言葉も忘れずにです。

 

③:志望先が曖昧

 

志望先が曖昧な人もエージェントからしたら「扱いづらい人材」です。

 

基本的に希望の志望先や勤務条件などを詳しくヒアリングした上でエージェントが求人を探してくれます。

 

もし、「希望の業界や職種がない」なんて人がいたら求人を見つけるのも大変ですし、そういう人に限って持っきてもらった求人に文句を言ったりすることが多いらしい。。

 

仮に希望の志望先がなくても最初はOKですが、エージェントとしっかり自分の方向性や向いている仕事を考えましょう。

 

「なんでもいい」、「とりあえず働けばいい」といった回答はエージェントも困るのでNGです。

 

④:希望年収が高い

 

自分の身の丈に合わない年収を希望すると、エージェントも求人を紹介できません。

 

年収が上がる実績やスキルを持っていれば話は別ですが、前職の年収が低かったり、これといった実績やスキルがない人は大幅な年収UPは諦めましょう。

 

基本的に自分の状況を考慮して、希望年収は考えましょうね。

 

⑤:離職期間(空白期間)が長い

 

離職期間(空白期間)が長いと、相手にされなくなる率が高くなります。

 

実際に僕も空白期間が半年ほどでありましたが、ギリ平気ぐらいのラインでした。

 

1年ほど空いてしまうとエージェントによりますが、厳しい場合があります。

 

もちろん仕事をやめてフリーランスとして活動していた場合なんかだと大丈夫です。

 

ニートやフリーターといった空白期間が長ければ長いほどエージェントから相手にされなくなるので、気をつけましょう。

 

⑥:履歴書や職務経歴書の記載が不十分

 

転職エージェントに登録する履歴者や職務経歴書といった情報が不十分の場合、「転職意思」が低いと思われます。

 

登録情報が不十分だとエージェントにもっと詳しく記載するように言われます。

 

ですが、エージェントに「この人は熱意がない」と思われることもあるので、なるべく言われる前から登録情報はしっかり書きましょう。

 

実際、登録情報が不十分だとエージェントは求人を探してくれませんよ。

 

最初からしっかり登録情報を書いといた方が、エージェントも良い求人を見つけてくれます。

 

⑦:担当者が原因の場合もあり

 

エージェントに相手にされない原因は、担当者が原因の場合もあります。

 

というのも担当者の方も仕事ですので、忙しかったりすると対応が雑になったり、新人の方ですと対応しきれないといったこともあります。

 

そういった場合は担当者を変えてもらったり、転職エージェントを変えることで解決することが可能です。

 

僕も明らかに対応が悪い担当者の方に当たったことがありますが、変えるよう伝えたら解決しました。

 

とはいえ、担当者を変えてくださいというのも言いづらいこともあるので、転職エージェント自体を変えるのでも全然OKです。

 

そもそも転職エージェントが合わない場合は変えるべき

 

もし、転職エージェントが合わないなら悩まずエージェントを変えましょう。

 

実際、複数利用した方が求人の比較や良い担当者に出会える確率も上がります。

 

ここだけの話、「他の転職エージェントも利用してます」と伝えると対応が良くなります。

 

エージェントの人も仕事ですので、他のエージェントに顧客を取られたくないですからね。

 

おすすめの転職エージェント

 

転職エージェントにそこまで差はありません。

大手を複数登録して、求人比較や自分と相性のいい担当者を探す方法がおすすめです。

 

下記で紹介している転職エージェントはどれも大手で信頼度も抜群です。登録するのにも5分もかからないのでぜひ利用しましょう。

 

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント

最大手の転職エージェント。案件数も多く、実績も間違いないのでとりあえず最初に登録しましょう。

【公式】https://www.r-agent.com

  • マイナビエージェント

こちらも大手。案件数が多く、非公開求人の数も多いので良案件が豊富。

【公式】https://mynavi-agent.jp

  • レバテックキャリア

IT・WEB業界に特化したエージェント。IT・WEB業界に転職を検討してる人は登録必須です。

【公式】https://career.levtech.jp/

  • ウズキャリ第二新卒

第二新卒や20代の転職に特化したエージェント。20代の方の求人が豊富なので、若年層は登録しましょう。

【公式】https://daini2.co.jp/

 

下記の記事では「IT業界」、「第二新卒」に強い転職エージェントを紹介していますので、該当している人は参考にしてください!

 

関連記事
IT業界・エンジニアに強いおすすめ転職エージェント・転職サイト4選【未経験OK】
IT業界・エンジニアに強い転職エージェント・転職サイトおすすめ4選【未経験OK】

続きを見る

関連記事
第二新卒に強い転職エージェント・転職サイトおすすめ4選【サポート万全です】
第二新卒に強い転職エージェント・転職サイトおすすめ4選【サポート万全です】

続きを見る

 

人気記事IT業界・エンジニアに強い転職エージェント・転職サイトおすすめ4選【未経験OK】

人気記事第二新卒に強い転職エージェント・転職サイトおすすめ4選【サポート万全です】

 

-仕事
-

Copyright© NOJI BLOG , 2019 All Rights Reserved.