WordPress

WordPressテーマ『SWELL』の評判・レビューと導入方法を全手順画像付きで解説!

2020年5月12日

WordPressテーマ『SWELL』の評判・レビューと導入方法を全手順画像付きで解説!

 

有料テーマ選びで迷ってますが、SWELLが気になっています。

実際に利用経験のある人目線で、SWELLのレビューや特徴が聞きたいな。

 

このような悩みに答えます。

 

本記事の信頼性

この記事を書く僕はブログ歴2年。現在はブログ収入で生活しており、SWELLの使用経験があります。

 

本記事では実際にSWELLを使用した僕が、リアルなレビューと導入方法を画像付きで解説していきます。

 

今まで有料テーマを10個以上使ってきた経験のある僕が解説するので、テーマ選びで迷っている方は参考になりますよ!

 

記事前半では『SWELLのメリット・デメリット』、記事後半では『SWELLの評判と導入方法』を解説しています。

 

なお、『SWELLの導入方法が早く知りたい』という方は『SWELLの購入&導入方法3ステップ』をクリックして飛んでください!

 

\おしゃれなサイトが即作れる/

SWELLを詳しく見る

 

SWELLの特徴

SWELLの特徴

デザイン性
使いやすさ
機能性
利用者少ない
テーマの使い回し可能
価格17,600円(税込)

 

SWELLはブロックエディターに完全対応された最新のWordPressテーマ。

 

HTMLやCSSなどの知識がなくても直感的にサイトをデザインできるのが特徴的です。

 

2019年3月にリリースされた比較的新しいテーマですが、最近は知名度を上げており人気急上昇中のテーマになっています。

 

SWELLを使って感じたデメリット2つ

 

実際にSWELLを使って感じたデメリットを2つ紹介します。

 

SWELLのデメリット2つ

  1. 価格が少し高め
  2. 利用者がまだ少ない

 

順番に見ていきます。

 

デメリット①:価格が少し高め

 

SWELLは他のテーマと比べて価格が少し高めです。

 

テーマ名価格(税込)
STORK10,800円
SANGO10,800円
JIN14,800円
AFFINGER514,800円
THE THOR16,280円
SWELL17,600円
賢威24,800円

 

上記は主要なWordPressテーマと比較した価格表です。

 

有料テーマは平均15,000円ぐらいが相場ですので、若干高めな価格設定ですね。

 

とはいえ、後ほど詳しく紹介しますがSWELLを実際に使ってみると、価格が安く感じられるほど満足感を得られますよ。

 

NOJI
僕も17,600円は安すぎると感じるほど、満足なテーマでしたね。

 

デメリット②:利用者がまだ少ない

 

SWELLは新しいテーマですのでまだ利用者が少なく、ネット上の情報は少ないです。

 

しかし後ほど紹介してますが、SWELL限定のフォーラムや開発者からのサポートは充実しています。

 

もし分からないことがあってもネットでググらずに解決できる環境が整っているので、それほど心配する必要はありません。

 

NOJI
SWELLは間違いなく人気テーマになるので、利用者が増えて次第にネット上の情報も増えていくと思いますね!

 

SWELLを使って感じたメリット8つ

 

続いて、僕がSWELLを使って感じたメリットを8つ紹介します。

 

SWELLのメリット8つ

  1. ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応
  2. デザイン性が高い
  3. 着せ替えデータで即サイト作成が可能
  4. 設定マニュアルが充実してる
  5. フォーラムで不具合や疑問点を解決できる
  6. 他テーマからの移行も専用プラグインで簡単
  7. 複数のサイトでテーマを使用できる
  8. WordPressアップデートに素早く対応してくれる

 

順番に見ていきます。

 

メリット①:ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応

 

SWELLはWordPressの最新エディター『Gutenberg』に完全対応しています。

 

そして、SWELL独自のカスタマイズもあり直感的に操作できるのが特徴的。

 

 

ここまで『Gutenberg』を使いやすくカスタマイズしているのはSWELLだけと感じるほど、直感的に操作ができて使いやすいですね。

 

旧エディタの『Classic Editor』は2022年にWordPressでのサポートが終わりますし、『Gutenberg』に完全対応しているテーマも少ないです。

 

旧エディタのサポート終了に備えて、今のうちにSWELLの『Gutenberg』を使っておくのもアリですよ!

 

NOJI
僕も旧エディタ『Classic Editor』を長年使ってきましたが、SWELLの『Gutenberg』なら移行しても良さそう!と思えたほど、感動的に使いやすかったです!

 

メリット②:デザイン性が高い

 

SWELLはデザイン性が非常に高いテーマです。

 

SWELL_デザイン1

SWELL_デザイン3

SWELL_デザイン2

SWELL_デザイン4

 

上の画像は標準機能で実現できるデザイン。

 

今までのWordPressテーマとは一線を画すようなデザインが実現できるので、デザインにこだわりたい人に最適なテーマかもしれません。

 

またテーマを導入するだけで、ある程度のデザインが完成しているので、カスタマイズは後回しでどんどん記事を書いていきたいという人も安心です。

 

導入しただけの状態

 

NOJI
シンプルで綺麗なサイトを作りたい人はSWELLは最適なテーマかと!

 

メリット③:着せ替えデータで即サイト作成が可能

SWELL着せ替えデザイン

 

SWELLは着せ替えデザインが6種類用意されています。

 

なので、SWELLを導入して上手くカスタマイズができるか不安な人や、自分でカスタマイズするのが面倒な人でも即おしゃれなサイトが作れますよ!

 

NOJI
着せ替えデザインを利用すれば、初心者の方でも簡単におしゃれなサイトが出来上がりますね。

 

メリット④:設定マニュアルが充実してる

SWELL_設定マニュアル

 

SWELLは設定マニュアルが公式サイトに用意されています。

 

他のテーマでも設定マニュアルは常備されていることが多いですが、マニュアルが少なかったり分かりづらいことが多々あるんですね。

 

しかし、SWELLのマニュアルは完全初心者でも分かるように全て画像付きで解説されているので、まず迷うことはないと思います。

 

また、マニュアルの数も多くSWELLのインストールから細かい設定まで網羅してあるので、初心者でも安心して使うことができますよ。

 

メリット⑤:フォーラムで不具合や疑問点を解決できる

 

SWELLには利用者限定のフォーラムがあります。

 

SWELLフォーラム

 

SWELLを使ってて分からないことや疑問点があった場合、専用フォーラムで質問すると開発者の『了さん』が回答してくれる形です。

 

『了さん』は回答が非常に早いので、即問題を解決できるのも良いですね。

 

NOJI
他のテーマだと質問しても解決できなかったりしますが、開発者『了さん』のサポートは徹底されてるので嬉しい限りです。

 

 

メリット⑥:他テーマからの移行も専用プラグインで簡単

 

SWELLは他テーマからの移行をスムーズに実行できるように、『乗り換えサポートプラグイン』が用意されています。

 

通常、テーマの移行をする場合はタグを1記事ずつ手作業で変更する必要があり、非常に手間がかかり面倒です。

 

しかし、SWELLの『乗り換えサポートプラグイン』を使えば、その手間を一気に解決してくれます。

 

ちなみに現在は下記テーマの移行ならプラグインを使うことが可能です。

 

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

 

NOJI
テーマの移行は本当に時間がかかって面倒なので、SWELLのサポートプラグインはとても時短になりますよ!

 

メリット⑦:複数のサイトでテーマを使用できる

 

SWELLは一度購入すれば、無制限で複数サイトに使い回すことができます。

 

なので、テーマ代17,600円は一見高く思えますが、テーマを使い回せることを考慮すれば安いです。

 

たとえば、3サイトでSWELLを使いまわしたら1サイトあたり約6,000円で使えることになるので、コスパ良いと思いますね。

 

メリット⑧:WordPressアップデートに素早く対応してくれる

 

SWELLはWordPressのアップデートに素早く対応してくれます。

 

古いWordPressバージョンのまま使ってると、セキュリティ的に危険ですし、新機能が使えなったりで不便です。

 

SWELLのように迅速にWordPressのアップデートに対応してくれるのは安心感がありますね。

 

NOJI

これも全て開発者の『了さん』のレスポンスが早いおかげです。

非常に頼もしい方なので、これからもより良いテーマにしてくれるでしょう。

 

\おしゃれなサイトが即作れる/

SWELLを詳しく見る

 

SWELLの評判

 

SWELLを実際に利用した人の『良い評判』と『悪い評判』の両方を紹介していきますね。

 

SWELLの悪い評判

 

まずは、SWELLを利用した人の『悪い評判』を紹介します。

 

購入する際は『悪い評判』も気になると思うので、参考にしてみてください。

 

 

SWELLで多かった悪い評判

  • まだ利用者がそれほど多くない
  • コーポレートよりブログ向けテーマ

 

SWELLは2019年にリリースされたテーマですので、まだ利用者が少なく情報が少ないという声がありました。

 

しかし、SWELLは性能の良さからか最近は人気急上昇中です。

 

 

これからとても人気なテーマになること間違いなしなので、情報は増えていくので心配しなくていいかと。

 

NOJI
正直、SWELLの悪い評判は全然見つけられませんでした...それほど良いテーマだということでしょう。

 

SWELLの良い評判

 

続いて、SWELLを利用した人の『良い評判』を紹介しますね。

 

 

SWELLで多かった良い評判

  • ブロックエディタが使いやすい
  • テーマ移行が簡単
  • デザインがおしゃれ
  • 表示速度が速い
  • サポートが手厚い

 

良い評判で多かったのは、『ブロックエディターが使いやすい』という声ですね。

 

やはり、ブロックエディターの操作性という点では他テーマと比べてもNo.1かもしれません。

 

また、デザイン・性能・サポートの面でも満足の声が多かったです。

 

\評判が良いテーマ/

SWELLを詳しく見る

 

SWELLの購入&導入方法3ステップ

 

続いて、SWELLの導入手順を解説しますね。

 

画像付きで説明していますので、そのまま真似ていただければ簡単に導入できると思います!

 

SWELLの導入方法3ステップ

  1. SWELLを購入する
  2. SWELLをダウンロードする
  3. SWELLを導入する

 

順番に見ていきます。

 

ステップ①:SWELLを購入する

 

まずはSWELLを購入しましょう。

 

step
1
SWELL公式サイトにアクセス

 

SWELL公式サイト』にアクセスします。

>>SWELL公式サイト

 

DOWNLOAD』をクリックします。

 

 

step
2
SWELLを購入する

 

下にスクロールすると、以下の画面が表示されます。

 

SWELLを購入する

 

利用規約にチェックを入れ、『SWELLを購入する』をクリックします。

 

¥17,600円を支払う

 

クレジットカード情報を入力して、『¥17,600円を支払う』をクリック。

 

ステップ②:SWELLをダウンロードする

 

続いて、購入したSWELLをダウンロードします。

 

step
1
SWELL会員サイトにアクセスする

 

SWELL会員サイトにアクセスします。

 

>>SWELL会員サイト

 

step
2
SWELLをダウンロードする

 

マイページ』をクリックします。

 

SWELLマイページ

 

SWELL(最新版)』と『SWELL子テーマ』をダウンロードします。

 

『SWELL(最新版)』と『SWELL子テーマ』をダウンロード

 

ステップ③:SWELLを導入する

 

最後にSWELLをワードプレスに導入していきます。

 

先ほどダウンロードした以下2つのzipファイルをWordPressにアップロードしていきます。

 

※ファイル名称は変わってる可能性あり

 

WordPressの『外観』→『テーマ』をクリック。

 

新規追加』をクリックします。

 

 

テーマのアップロード』をクリックします。

 

 

ファイルを選択』をクリックします。

 

 

以下の2つのzipファイルをアップロードします。

 

  1. swell-○-○-○.zip
  2. swell-child.zip

※○の数字はバージョンによって変わります。

 

必ず親テーマの『swell-○-○-○.zip』からアップロードしてください。

 

最初に親テーマの『swell-○-○-○.zip』をアップロードします。

 

2番目に子テーマの『swell-child.zip』をアップロードし、最後に『swell-child.zip』を有効化します。

 

 

親テーマの『swell-○-○-○.zip』は有効化する必要はないので、アップロードのみでOKです。

 

以上でSWELLの導入は完了です。

 

SWELLに関するよくある質問

 

SWELLのよくある質問をまとめてみました。

 

よくある質問3つ

  1. SWELLは旧エディタの『Classic Editor』は使える?
  2. 複数のサイトでも使える?
  3. テーマの移行は大変?

 

順番に見ていきます。

 

質問①:SWELLは旧エディタの『Classic Editor』は使える?

 

SWELLは『Classic Editor』でも問題なく使えます。

 

ですが、SWELLの魅力はGutenbergの使いやすさにあるので、SWELLを使うならGutenbergを使うことをおすすめしますね。

 

NOJI
SWELLはClassic Editorでも使いやすかったので、Gutenbergを使う気がないという人でも問題ないです!

 

質問②:複数のサイトでも使える?

 

メリットで紹介したように、SWELLは一度購入すれば複数サイトでの使い回しが可能です。

 

NOJI
複数のサイトを運営予定の人も安心して利用してください!

 

質問③:テーマの移行は大変?

 

テーマの移行はデザイン修正等の手間があるので、大変のは事実。

 

とはいえ、SWELLは独自のサポートプラグインがあるので、他のテーマに移行するよりは確実に楽です。

 

NOJI
テーマの移行は記事数が少ないほど手間がかからないので、移行を考えている場合は、早い段階で移行することをオススメします。

 

SWELLの評判・レビューと導入方法:まとめ

 

以上、有料WordPressテーマ『SWELL』についてでした。

 

SWELLのデメリット2つ

  1. 価格が少し高め
  2. 利用者がまだ少ない

 

SWELLのメリット8つ

  1. ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応
  2. デザイン性が高い
  3. 着せ替えデータで即サイト作成が可能
  4. 設定マニュアルが充実してる
  5. フォーラムで不具合や疑問点を解決できる
  6. 他テーマからの移行も専用プラグインで簡単
  7. 複数のサイトでテーマを使用できる
  8. WordPressアップデートに素早く対応してくれる

 

SWELLは今までにない簡単な操作性とシンプル&綺麗なデザインを実現できるテーマです。

 

買って後悔はしない優秀テーマですので、ぜひ気になる方は使ってみてください。

 

NOJI
SWELLはこれから間違いなく大人気になるテーマですよ!

 

\購入はコチラから/

SWELL 公式サイト

 

人気記事【完全版】ブログで月5万稼ぐロードマップ【30記事で解説】

人気記事【2020年版】WordPressのおすすめテーマ8選【月90万稼ぐブロガーが厳選】

 

-WordPress
-

Copyright © NOJI BLOG , All Rights Reserved.