映画

ジョーカー(JOKER)の考察・感想&レビューを解説【最後のシーンは◯◯だった?】

ジョーカー

©️Warner Bros

個人的満足度 

 

NOJI
こんにちは、元シネコン社員のNOJIです。

 

世界中で異質な映画として話題になっている「ジョーカー」。

 

主人公のアーサーがどのようにしてジョーカーになっていくのか。ジョーカーの誕生を描く一作。

 

人間が変貌していく様を描きながら、シリアスな展開で物語は進んでいきます。

 

貧困や格差といった社会問題、社会的弱者が暴動する展開からも「問題作」といった声も挙がっているほど、強烈な一作。

 

本記事ではそんな問題作「ジョーカー」の感想や考察、気になるラストシーンについて解説していきます。

 

この記事もおすすめ

バットマン ビギンズの感想・レビュー&魅力を解説【バットマン誕生映画】

続きを見る

ダークナイトの感想・考察&レビューを解説【悪役ジョーカーが最高すぎる】
ダークナイトの感想・考察&レビューを解説【悪役ジョーカーが最高すぎる】

続きを見る

 

ジョーカーのあらすじ

公開2019年
監督トッド・フィリップス
主演ホアキン・フェニックス

あらすじ

孤独で心の優しいアーサー(ホアキン・フェニックス)は、母の「どんなときも笑顔で人々を楽しませなさい」という言葉を心に刻みコメディアンを目指す。ピエロのメイクをして大道芸を披露しながら母を助ける彼は、同じアパートの住人ソフィーにひそかに思いを寄せていた。そして、笑いのある人生は素晴らしいと信じ、底辺からの脱出を試みる。

引用:Yahoo!映画

 

アメリカで大ヒットしているジョーカーですが、日本でも大ヒットしています。

 

アメコミ映画としては2012年の「アメイジング・スパイダーマン」以来の2週連続1位を記録。

 

Yahoo!映画でも約4000件の評価で「星4.1」とかなりの高評価を記録しています。(2019年10月17日時点)

 

中々ダークな映画が日本でヒットするのは珍しいのですが、それだけ人々の心に突き刺さる映画ということですね。

 

北米市場では、「暴動を誘発するのではないか」という可能性から、映画館で手荷物検査なんかも実施されているほどです。

 

本場は違いますね。まあそれだけ人の心を動かす可能性のある映画ということですね。

 

ジョーカーを見る前にバットマンシリーズを見るのがおすすめ

 

話自体は繋がっていませんが、バットマンシリーズを見ていると、よりジョーカーを楽しむことができます。

 

特に「バットマンビギンズ」、「ダークナイト」は見ておくことをおすすめします。

 

「バットマンビギンズ」と「ダークナイト」は「U-NEXT」、「Hulu」、「プライムビデオ」で視聴できます。

今なら無料トライアルがあるので、見直したい方や初めての方もぜひ視聴してみてください。

※無料トライアル中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

>>U-NEXTの31日間無料トライアルで視聴する

>>Huluの14日間無料トライアルで視聴する

>>プライムビデオの30日間無料トライアルで視聴する

 

ジョーカーの感想・考察・解説【ネタバレあり】

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 

ジョーカーの感想・考察を話していきますが、所々ネタバレしています。

※ネタバレを見たくない人は注意してください。

 

誰でもジョーカーになり得る?【悲劇は人を変えてしまう】

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 

ジョーカーは元はといえば、ただの一般人。普通の人です。

 

仕事に取り組む姿や母を介護する姿からも変人でもありませんし、優しい男です。

 

そんな普通の人間が、様々な悲劇に遭い最終的にはジョーカーほどの狂人になってしまう。

 

そのジョーカーになる過程、境遇に同情した人も多いのではないでしょうか。

 

もし自分がジョーカーのような悲劇に遭うと思うと、決して他人事ではないですよね。

 

この映画の一つのメッセージとして、どんな人間でも境遇によっては「ジョーカーのような狂人になり得る」という強いメッセージを感じます。

 

それほど「悲劇の連鎖」は人を変えてしまう危険性があることを痛感させられますね。

 

映画「ジョーカー」が問題視されている理由は「革命思想」

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 

ジョーカーは世界中でも「問題作」として話題になっていますが、その理由はどうしてなのか。

 

  • 誰もがジョーカーになり得るから
  • 社会的弱者が犯罪を犯すから

 

単純に考えれば上記の理由から、映画を見た人の犯罪を誘発する可能性があるため「問題作」と呼ばれているのかもしれません。

 

ですが、僕が思うには「革命思想」が問題だと思います。

 

アーサーのような社会的弱者が、アーサー同様の社会的弱者からヒーロー的存在になる構図は危険ですよね。

 

映画ジョーカーを見て政府や富裕層に不満を持つ人たちの起爆剤になることもなくはないです。

 

アーサーが意図してないとしても反政府、反富裕層としての革命が成功してしまったら、アーサー側が正しいということも起こり得ますからね。

 

皮肉なことに現在反政府運動が続いている香港では映画「ジョーカー」が大人気だそうです。

 

これって結構危険ですよね。

 

ジョーカーは人を笑わせる生き方と決別する

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 

映画中盤までアーサーは「人を笑わせるコメディアン」として生きています。

 

ですが、様々な悲劇に遭い狂人となったアーサーは人を笑わせることをやめてしまう。

 

笑わせる対象を「人」ではなく「自分」に変えています。

 

  • アーサーがウェイン家の柵越しにブルースの口角を上に持ち上げて笑わせるシーン
  • 最後に自分の口についてる口紅を伸ばして、笑っているシーン

 

この両シーンは対比してて面白いです。

 

結果的にアーサーは人を信じたり、笑わせることに疲れてしまい、「主観で生きる」という生き方を見つけます。

 

人に嗤われる嫌な生き方よりも、アーサー自身が正しいと思うこと、自分が笑顔になれる自分だけのコメディアンとして生き、人を笑わせる生き方とは決別するということですね。

 

ジョーカー(アーサー)はバットマンのジョーカーではない

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 

ダークナイトで出てくるジョーカーはアーサーなのか?

 

おそらくアーサーとダークナイトのジョーカーは別人です。

 

というのも、アーサーとダークナイトのジョーカーは年齢が離れすぎています。

 

バットマンビギンズではブルース・ウェインの両親が殺されたときの年齢が8歳。

 

アーサーは劇中で年齢は公開されてませんが、アーサーを演じたホアキン・フェニックスが44歳なので44歳と仮定しましょう。

 

年の差が36歳とあまりにもかけ離れすぎです。

 

ブルースウェインがバットマンとして戦う頃には、アーサーがジョーカーならおじいちゃんですからね。

 

おそらくダークナイトのジョーカーはアーサーではなく、アーサーに感化された新しいジョーカーと考えられます。

 

まあ、年齢差のことを聞かれたフィリップス監督は「一度もきちんと考えたことがありません」と濁しているので、真相は分かりません。

 

【ラストシーン】最後の結末の解釈

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 

ジョーカーのラストシーンは色々な解釈の仕方があります。

 

というのも、ラストシーンでアーサーが精神病院にいる理由が分からないからです。

 

フィリップス監督はアーサーが最後に精神病院にいる理由を明らかにしていないため、解釈の仕方は見ている側に委ねています。

 

ここで考えられる解釈を3つにまとめてみました。

 

  1. 時系列順
  2. 全て妄想だった
  3. 過去の回想

 

一つ一つ見ていきましょう。

 

①:時系列順

 

一つ目が映画の時系列順の場合です。

 

話の流れ通りにマーレーを射殺したことにより、最終的にアーサーは逮捕されて精神病院に送られたというケースですね。

 

話の流れ的にはありかもしれませんが、いくつかおかしな点があります。

 

おかしい点①

 

一つ目のおかしな点は、アーサーの髪が黒色なことです。

 

マーレーを射殺する前にアーサーは髪を緑色に染めていますよね。

 

ですが、これは逮捕後に黒く染めたか、時間が経って黒くなったというケースもあるため微妙ですが。

 

おかしい点②

 

二つ目は女性カウンセラーが映画の前半に出てきたカウンセラーと同一人物なことです。

 

映画前半でコスト削減によりカウンセリングは終了すると言ってたので、最後にカウンセラーとして同じ人が出てくるのもおかしいですよね。

 

おかしい点③

 

三つ目はアーサーが逮捕された描写がないこと。

 

一回は逮捕されましたが、その後車の衝突で逃げ出してますよね。

 

上記3点からも時系列順だとちょっとおかしいかなと思います。

 

②:全て妄想だった

 

ラストシーンの解釈2点目が「全て妄想だった」ケース。

 

アーサーは病気で妄想することがあるので、なくはないです。

 

ある説では「前半は薬のおかげで妄想をしなかったが、薬が打ち切られた後半以降は全て妄想していた」といった説もあります。

 

まあこれは一番捻りのない終わり方なので、あまり好みませんね。。

 

僕的にはこの後にバットマンが現れるので、全部妄想ってのはないかなと思います。

 

③:過去の回想

 

3つ目が「過去の回想」といったケース。

 

映画の前半でアーサーはカウンセラーの女性に「昔病院に監禁されてたわよね?なんで監禁されてたか分かってる?」と聞かれています。

 

なので、最後の精神病院のシーンは映画が始まる前の過去のシーンと捉えることも可能です。

 

そしてフィリップス監督は「最後に精神病院の部屋で見せるあの笑いだけは、彼が唯一、心から笑っているシーンなんだよ」と話しています。

 

「アーサーは病気で”自分の意志とは関係なく”笑ってしまったり、他の人に合わせるために”ウソの笑い”をしていることがほとんどだが、最後に精神病院の部屋で見せるあの笑いだけは、彼が唯一、心から笑っているシーンなんだよ」 (ロサンゼルス・タイムズ誌のインタビューより)

 

ここでいう「唯一心から笑っているシーン」が重要な気がするんですよ。

 

アーサーは最後にジョークを思いついた時、「どんなジョークなの?」とカウンセラーに聞かれて、笑いながら「理解できないさ」と言います。

 

その後に、「銃で撃たれて倒れた両親の前に立ち尽くすブルース・ウェイン」の映像が一瞬映る。

 

ということはこのブルースの映像はジョーカーのジョーク?そうなったら他の話も全てアーサーのジョークになってきます。

 

つまり本物のジョーカーが出ててるのは、このラストシーンだけということです。

 

それ以外のジョーカー誕生の話は全てアーサーのジョーク。

 

フラッシュバックしたブルースウェインのシーンももちろんジョーク。

 

もしこの説が本当だったら、凄まじい話になりますよ。

 

バットマン自体もアーサーのジョークということになっちゃいますからね。

 

あとがき

 

正直、映画を見る前は「ジョーカー」にそこまで期待してなかったのが本音です。

 

期待というかダークナイトでジョーカーを演じている「ヒース・レジャー」のジョーカーが凄すぎたので、あのジョーカー以上は見れないなと。

 

結果的に「ホアキン・フェニックス」のジョーカーも良い具合に狂人さを出していて、良かったです。

 

やっぱり本場の役者さんは凄い。完璧にジョーカーに成り切ってます。

 

おそらく「アカデミー賞主演男優賞」取っちゃうんじゃないでしょうか。それほど凄い演技でした。

 

バットマンシリーズもおすすめ

 

冒頭でも少し紹介しましたが、ジョーカーを見た人、これからジョーカーを見る人はバットマンシリーズを見ることをおすすめします。

 

今なら「U-NEXT」、「Hulu」、「プライムビデオ」で無料視聴することができます。

 

無料トライアル期間に解約すれば料金は一切かからないため、是非利用してみてください。

 

\無料でバットマンシリーズを視聴できる/

U-NEXTを無料体験する

31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

>>U-NEXTのメリット・デメリット、料金や評判を徹底解説!

\無料でバットマンシリーズを視聴できる/

Huluを無料体験する

14日以内に解約すれば料金は一切かかりません

\無料でバットマンシリーズを視聴できる/

プライムビデオを無料体験する

30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

 

関連記事

バットマン ビギンズの感想・レビュー&魅力を解説【バットマン誕生映画】

続きを見る

ダークナイトの感想・考察&レビューを解説【悪役ジョーカーが最高すぎる】
ダークナイトの感想・考察&レビューを解説【悪役ジョーカーが最高すぎる】

続きを見る

VOD(ビデオオンデマンド)サービスを徹底比較!おすすめランキングを紹介!
VOD(ビデオオンデマンド)サービスを徹底比較!おすすめランキングを紹介!

続きを見る

元シネコン社員が選ぶ【本当におすすめの最高傑作映画ランキング50】
元シネコン社員が選ぶ【本当におすすめの最高傑作映画ランキング50】

続きを見る

【完全版】U-NEXTのメリット・デメリット、料金や評判を徹底解説!
【完全版】U-NEXTのメリット・デメリット、料金や評判を徹底解説!

続きを見る

 

-映画
-,

Copyright© NOJI BLOG , 2019 All Rights Reserved.