映画

ダークナイト ライジングの感想・レビュー&考察を解説【遂に完結。壮絶な最後】

ダークナイト ライジングの感想・レビュー&考察を解説【遂に完結。壮絶な最後】

©️Warner Bros

個人的満足度 

 

NOJI
こんにちは、元シネコン社員のNOJIです。

 

バットマンシリーズ3作目にして、最終完結篇の「ダークナイト ライジング」。

 

前作のダークナイトを超えることはないだろうなと思っていましたが、超えてきちゃいましたよ。

 

さすが巨匠ノーラン監督です。

 

個人的満足度を星5(上限)にしましたが、もう余裕で限界突破してるぐらい傑作映画でした。

 

本記事では「ダークナイト ライジング」の感想や考察、気になるラストシーンについて話していきたいと思います。

 

ちなみにダークナイト ライジングは「U-NEXT」、「Hulu」、「プライムビデオ」で視聴できます。

今なら無料トライアルがあるので、見直したい方や初めての方もぜひ視聴してみてください。

※前作のビギンズ、ダークナイト ライジングライジングも無料で視聴可能です。

 

>>U-NEXTの31日間無料トライアルで視聴する

>>Huluの14日間無料トライアルで視聴する

>>プライムビデオの30日間無料トライアルで視聴する

 

ダークナイト ライジングのあらすじ

公開2012年
監督クリストファー・ノーラン
主演クリスチャン・ベイル

あらすじ

ダークナイト(=バットマン)が夜の闇に消え、一瞬にしてヒーローから逃亡者となってしまったあの夜から8年。地方検事ハービー・デントの死の責任を一身に背負い、ダークナイトは、ゴードン市警本部長とともに目指した大義のために、すべてを犠牲にした。その嘘はしばらくの間、うまくいった。犯罪防止のために制定されたデント法の重圧を受け、ゴッサム・シティーにおける犯罪活動がことごとく潰されたからだ。
そんななか、ひとりの狡猾な泥棒の登場をきっかけにすべてが変わる。猫のようなしなやかさをもつその怪盗は、その犯罪の真意も謎に包まれていた。しかし、ゴッサムとダークナイトにとっての真の脅威は、覆面テロリスト、ベインの出現だ。ゴッサムを恐怖のどん底に陥れるベインによって、ブルース・ウェインは自ら課した“潜伏期間”を切り上げざるを得なくなる。そして再びケープとマスクを身にまとうのだが、ダークナイトでさえも、ベインを倒すことはできないかもしれない……。

引用:Warner Bros

 

ダークナイト ライジングは冒頭でも紹介した通り、クリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズ3作目。

 

シリーズとしては最終篇になります。

 

前作同様に世界中で大ヒットを記録しました。

 

アメリカとカナダではオープニング興収1億6,090万ドルを記録し、初登場1位を記録。

 

これは『アベンジャーズ』『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』に次ぐ歴代3位です。

 

2D映画のオープニング記録としては当時の歴代最高という偉大な記録を残しています。

 

日本ではそこまで売れませんでしたが、Yahoo!映画の評判では約4000件の評価で星4.1とかなりの高評価です。

 

ダークナイト ライジングの感想・考察・解説【ネタバレあり】

 

ダークナイト ライジングの感想・考察を話していきますが、所々ネタバレしています。

ネタバレを見たくない人は注意してください。

 

※1,2作目の「バットマンビギンズ」、「ダークナイト」を見ていないと、面白さ半減です。

なるべく1.2作目を見てからダークナイト ライジングを視聴することをおすすめします。

 

バットマンシリーズは「U-NEXT」、「Hulu」、「プライムビデオ」で視聴できます。

今なら無料トライアルがあるので、見直したい方や初めての方もぜひ視聴してみてください。

 

>>U-NEXTの31日間無料トライアルで視聴する

>>Huluの14日間無料トライアルで視聴する

>>プライムビデオの30日間無料トライアルで視聴する

 

ダークナイトシリーズ完璧な最終編

出典: https://www.amazon.co.jp

 

ダークナイトライジンングを見た後、ビギンズ、ダークナイト、ライジング揃ってのバットマンということを痛感させられました。

 

  1. 誕生(BEGIN)
  2. 転落(FALL)
  3. 再生(RISE)

 

ビギンズではトラウマや両親の死、ラーズ・アル・グールによる絶望をバットマンとして打ち砕いた。

 

ダークナイトではジョーカーの手により、バットマンに対する世間の目、レイチェルの死などどん底に転落する。

 

そして最後にダークナイトライジングでは同様の闇の手による試練に挑み、どん底から這い上がっていく。

 

この3作品で見事な1つの作品となっていますね。

 

そしてバットマンやゴッサムが絶望から這い上がっていく姿を3作を通して見ることができます。

 

人はなぜ落ちる?這い上がるためだ。

 

ブルースの父親が言ったこの一言が最後まで重要なテーマになっていますよね。

 

また、当初の予定ではライジンングでもジョーカーが最後の敵として出てくる予定だったと思いますが、ヒース・レジャーの死によって実現しませんでした。

 

にも関わらず、完結編としてここまでの作品を作れたことは本当に素晴らしいです。最高ですね。

 

脇役の存在感

©️GLOBE PHOTOS/AFLO

 

ダークナイトライジングは本当に脇役の存在感が強いです。

 

ノーラン監督のインセプションから参加した「アン・ハサウェイ」と「マリオン・コティヤール」といった女性陣、そして「ジョセフ・ゴードン=レヴィット」。

 

マリアン・コティアールはインセプションの時もそうですが、力強く、意志の強い役がとても似合いますね。

 

アン・ハサウェイはもうセクシーすぎだし、アクションも最高でした。(後述)

 

ブレイク役のジョセフ・ゴードン=レヴィットは本当正義感溢れる男。悪役はもう想像できません。

 

そして敵のベイン役トム・ハーディ。

 

ジョーカーの次ということもありやりづらかったと思いますが、最高でした。

 

風貌からはトム・ハーディーが演じていると分かりませんね笑。

 

ベイン側の物語も見たくなるほど良いキャラでした。

 

そしてバットマンを支える最高のベテラン3人。

 

  • アルフレッド役のマイケル・ケイン
  • ゴードン役のゲイリー・オールドマン
  • フォックス役のモーガン・フリーマン

 

もう最高ですよね。

 

マイケル・ケインは超ベテラン俳優で、本当に深みのある演技をしてくれます。

 

ゲイリー・オールドマンはレオンの印象で悪役のイメージが強いですが、見事にイメージ脱却してきましたね。

 

個人的にモーガン・フリーマンは大好きな役者。

 

途中ベインに殺されるかと思いましたが、殺されなくてよかった笑。

 

この濃い脇役達のおかげで単なるヒーロー映画ではなく、ゴッサム・シティとブルースの葛藤を描くヒューマンドラマになりましたね。

 

キャットウーマンの存在が最高

キャットウーマン

(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

 

正直見る前は「アン・ハサウェイがキャットウーマン?」と心配してました。

 

「プラダを着た悪魔」のイメージが強すぎて、ゴリゴリのアクションいけるのかなと。

 

ですが、、、アンハサウェイのアクション本当に凄かった。

 

おそらく相当な練習をしたと思いますが、圧巻でしたね。男だけの刑務所に収監された時にぐるっと回ったやつとか凄すぎ笑。

 

バットポットをめちゃくちゃ乗り回してたのも面白い。

 

キャラ設定も良かったですね。

 

欲しいもののためにバットマンを売ったりと冷酷な一面もありましたが、根は優しい心を持ってます。

 

「持たざる者は狙わない」主義として、狙うのはお金持ちだったり、ブルースの指紋が悪用された時もブルースに謝ったり。

 

決して人を助けるといった人でもなかったですが、最終的にはバットマンに心動かされたのか、ゴッサムのために戦う姿はかっこよかった。

 

バットマンに殺すのはなしと言われてましたが、終盤にベインをバットポッドでぶっ飛ばしたのはびっくりでしたが、、笑。

 

さすがにバットマンが殺されそうだったので、しょうがないかなと解釈しときましょう。

 

【ラストシーン】最後の結末の理由

出典: https://wtaiken.exblog.jp

 

映画の最後に「バットマンを死んだように見せた」のはなぜなのか。

 

ここがこの三部作を通して一番大事なところかもしれません。

 

バットマンが生きていた理由

 

なぜバットマンが死んだように見せたのかに入る前に、「えっバットマンって死んだんじゃないの?」という人もいると思うので、なぜ生きていたのかを簡単に説明します。

 

映画の最後に核爆弾の爆破解除ができないと知ったバットマンは、空飛ぶバットで核爆弾を運び、人がいない海の上で爆破させます。

 

映画前半でフォックスが「まだバットに自動操縦装置は付けていない」と言っていたので、バットマン自身が操縦して、爆破させ犠牲になったと思うのが普通です。

 

フォックスやアルフレッドも最初はブルースが死んだと思い、お墓の前でも悲しんでいるシーンもありますよね。

 

その後、実は半年前にブルースの手でプログラムが修正されていたことが発覚するシーンがあります。

 

ここで間違いなくフォックスがブルースの生存に気が付いています。

 

ここがまたフォックス役のモーガン・フリーマンの演技が最高。あのなんともいえない顔が最高、、笑。

 

つまり、海の上に核爆弾を運んだのは自動操縦。バットマンは核爆弾が爆破する前に脱出して生存しているということです。

 

でなければ、自動操縦のプログラム追加のシーンの意味が分からなくります。

 

結論、ブルースは生きてると解釈できます。

 

なぜバットマンを死んだように見せる必要があったのか?

 

さて、本題の「なぜバットマンを死んだように見せる必要があったのか」について見ていきましょう。

 

ここで重要になってくるのは前作で偽りのヒーローになった「ハービー・デント」です。

 

ダークナイトではハービー・デントの罪をバットマンが全て被り、強引に正義の象徴としました。

 

ダークナイトライジングではデント法やデントの祝日としてその描写も出てきますよね。

 

ですが、結果的にこの嘘はベインに全てバラされてしまう。そしてさらにゴッサムは狂っていきます。

 

そう、次は偽りなくバットマンが正義の象徴となる必要がありました。バットマンが守ったゴッサムを市民が守っていこうと思えるように。

 

最終的にはバットマンを死んだと思わせることで、「バットマン=正義の象徴」は実現します。銅像も立てられていましたね。

 

そしてバットマンが正義の象徴となることで、やっとブルース・ウェインはマスクを脱ぐことができる。

 

バットマンはマスクをかぶれば正義の象徴として誰でもなれる。なので最後にブレイクがバットマンになるようなシーンもありますよね。

 

ここでブルース・ウェインはバットマンとしての生き方ではなく、自分自身の人生「ブルース・ウェイン」としての人生を送ることができるのです。

 

そしてそれはアルフレッドや死んでしまったレイチェルの望みでもありました。

 

最後のレストランのシーンで、ブルースがアルフレッドに頷いているようなシーンからも、自分自身の人生を送っているよというメッセージをアルフレッドに伝えているようにも見えます。

 

アルフレッドの想像のシーンでは頷いているシーンがなかったのも伏線になってますね。

 

最後にまとめると、バットマンを死んだと思わせる理由は下記の2点です。

 

  • バットマンを正義の象徴とするため
  • アルフレッドやレイチェルの望みだったブルースがマスクを脱いで、自分の人生を送れるようにするため

 

上記が理由になります。

 

母親の形見「真珠のネックレス」について

 

映画の最後の遺産整理の際、ブルースの母親の形見「真珠のネックレス」がない描写があります。

 

普通に考えて、ネックレスはブルースが持ち出したと考えるのが妥当でしょう。

 

そして、ブルースはセリーナにプレゼントした。

 

映画の序盤でセリーナに盗まれたときは「似合うけど、あげられない」と言ってますが、最終的に一緒に戦ったことからも信頼し、愛するようになったセリーナにプレゼントしたと考えられます。

 

そして真珠のネックレスには「GPS」がついているのを覚えていますでしょうか。

 

アルフレッドは真珠のネックレスがないことに気付いて、ブルースが生きていると気付きました。(またはフォックスに聞いたということも考えられます)

 

ネックレスにはGPSが付いているので、その場所に行けば会うことができる。

 

最後にイタリアのレストランで再開できた理由は、ネックレスに付いてるGPSで場所を特定できたからということですね。

 

ダークナイトライジングの続編は出る?

出典: http://www.newsmov.biz

 

結論から言うと、ダークナイトライジングの続編は出ないでしょう。

 

ノーラン監督はダークナイトシリーズをトリロジー(3部作)で、続編は考えていないと名言しています。

 

ノーラン監督ではない「ジャスティス・リーグ」も公開されましたが、正直別物です。

 

ノーラン監督の作るダークナイトの続編は今後出ないはず。

 

もしかしたら、ノーラン監督以外がダークナイトシリーズの続編を作る可能性もあるかもしれませんが、出ても別の作品として捉えるしかないでしょう。

 

ノーラン監督のダークナイトシリーズはダークナイトライジングで完結していますからね。

 

この3部作を超えるバットマンは永久に出ない。それぐらい素晴らしいシリーズでした。

 

ダークナイト ライジングを無料で見る方法

 

冒頭でも少し紹介しましたが、今なら「U-NEXT」、「Hulu」、「プライムビデオ」でダークナイト ライジングを無料視聴することができます。

 

また前作のバットマン ビギンズ、次作のダークナイト ライジングライジングも同様に視聴可能です。

 

無料トライアル期間に解約すれば料金は一切かからないため、ダークナイト ライジングを初めて見る方や見返したい人は是非利用してみてください。

 

\無料でバットマンシリーズを視聴できる/

U-NEXTを無料体験する

31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

>>U-NEXTのメリット・デメリット、料金や評判を徹底解説!

\無料でバットマンシリーズを視聴できる/

Huluを無料体験する

14日以内に解約すれば料金は一切かかりません

\無料でバットマンシリーズを視聴できる/

プライムビデオを無料体験する

30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

 

 

関連記事

バットマン ビギンズの感想・レビュー&魅力を解説【バットマン誕生映画】

続きを見る

ダークナイトの感想・考察&レビューを解説【悪役ジョーカーが最高すぎる】
ダークナイトの感想・考察&レビューを解説【悪役ジョーカーが最高すぎる】

続きを見る

ジョーカー
ジョーカー(JOKER)の考察・感想&レビューを解説【最後のシーンは◯◯だった?】

続きを見る

VOD(ビデオオンデマンド)サービスを徹底比較!おすすめランキングを紹介!
VOD(ビデオオンデマンド)サービスを徹底比較!おすすめランキングを紹介!

続きを見る

元シネコン社員が選ぶ【本当におすすめの最高傑作映画ランキング50】
元シネコン社員が選ぶ【本当におすすめの最高傑作映画ランキング50】

続きを見る

 

-映画
-,

Copyright© NOJI BLOG , 2019 All Rights Reserved.